医師アルバイトと医師転職

仕事・就職・求人に関する情報を掲載中

HOME 医師求人 医師募集 医師転職 大阪 医師転職サイト 地方への医師転職

地方への医師転職のもくじ
地方への医師転職
目標達成のための医師転職
医師転職をしていることを事前に言うべき?
医師転職の多さにより病院側の募集も多い
医師転職が人気の理由
新たに開かれる医師転職の道
医師転職に特化したサイト
多様化しつつある医師転職

地方への医師転職

大きな総合病院や大学病院というのは遠くの地域に住んでいる患者さんもいるかと思います。

しかし、中にはこの様な大きな病院で経験を積んで、転職して地域医療に尽くす人もいます。自分の地元は田舎で医師が足りていないという場合には、Uターン転職をして地元の医療に貢献したいと考える医師もいる様です。

地元の人は近くに病院があって、診察してくれる医師がいてくれるというのはきっと嬉しい事ではないでしょうか。

また、自分の地元の病院ではなくて、人手が不足していると思われる場所に医師転職する人もいるみたいですね。

医療は一部の地域だけに必要としているのではなく、人が住むすべての地域で必要とされている事でしょう。

目標達成のための医師転職

医師が転職を行う際に、成功したか否かという事は何を持って言えるのかというと、自分の希望する職場に無事転職できる事ができたかどうかという事になるでしょう。

転職を行うなら、その前に本当に医師転職を行わないと自分の目的を達成する事ができないのかどうかを熟考してからアクションを起こしたいですね。そして、どうしてもこのまま仕事を続けていると目標を達成する事ができないという場合には、目的をはっきりと考えておきましょう。

また、どんな医師になりたいのかを考えておく事で、その目標に向かって頑張る事もできますね。頑張ると言ってもその方向性が決めておく事で、効率的に努力する事ができるでしょう。

医師転職についての関連記事

医師転職をしていることを事前に言うべき?

医師転職をしている時に、一人で活動していると不安になってきてしまったり、なにをどう改善したらいいかわからなくなってしまい、つい一緒に働いている人に悩み事などを相談してしまいがちですが、実際に医師転職をしていることを同僚などに話すのはどうなのでしょうか?

職場の雰囲気や、働いている人がどういったタイプなのかにもよりますが、あまり公言して言いまわさない方がいいのは確かです。転職を考えているという人の評価を高くしてあげようという上司は中々いません。また同僚なども「転職したくなる職場で働いているのか」という気分になってしまいます。

ピックアップメニュー

医師アルバイトと医師転職HOME 医師求人 医師転職 医師募集 医師求人大阪、東京 医師転職 大阪 非常勤 産業医転職、医師求人 医師転職サイト 医師求人、転職、募集

医師アルバイトと医師転職では、医者を取り巻く労働環境、仕事との付き合い方、人間関係の悩みなど、様々なストレスを抱える医師のためのサイトです。医師アルバイト(医師バイト)や医師転職の観点から医師求人を見ていきましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらから。

医師求人は東京、大阪、名古屋、福岡、仙台など多くの都市や地域で求人募集が出ています。多くの情報を集めてみることから始めましょう。

医師転職の多さにより病院側の募集も多い

医師が転職するというのを聞いたことがあるでしょうか。一般人には馴染みがありませんが、医師業界では30代から40代の転職が多くなっています。

それは、知識や経験を積んできて独立開業するか、即戦力として医師募集条件のいい病院に変更するかと、将来を決める分岐点であるからでしょう。

医師全体の平均として転職回数は多く、多い人で4回程度も転職を行った場合もあります。そのため、医師転職サイトに掲載される病院の数も多くなってきています。病院側も、即戦力となる医師が応募してきてくれるのであれば、多くの患者を助けることができるのでメリットがあります。

医師転職が人気の理由

職場環境が自分とあっていない場合は転職をした方が良いでしょう。嫌な同僚がいる職場だったり、コミュニケーションがまったくない職場にい続けても自身にとってはストレスにしかならないので、転職サイトを利用して他の職場を探した方が良いです。

医師の転職を専門としている医師求人サイトもあるので、医師求人情報を探しやすくなっています。また、絞り込み機能があって自分が理想としている職場環境などを指定して検索することもできます。ただし、実際にどういう環境なのかは行ってみるまで分からないので、口コミや実際に勤めている職員の声を聞いてみることが大事です。

新たに開かれる医師転職の道

医師免許を持っている方は、勤務医であれ開業医であれ、医師として活動している方がほとんどです。しかし、今後は医師転職が活性化していくのではないかと思われます。それは単に勤務先が変わるだけではなく、例えば、最近ではバイオベンチャーが世界のあちこちで勃興しており、こうした企業が必要とするノウハウを持つ人材には医師が多く該当します。

臨床医は目の前の患者を救うという非常に崇高な仕事をしていますが、バイオベンチャーで成功すれば、難病に悩む世界の多くの人を救える可能性があるという点でやはり崇高な仕事です。特定の診療科で高度なノウハウを持っている医師にこそ、新たな転職の道が開かれているのかもしれません。

医師転職に特化したサイト

転職活動をおこなっているのは一般企業の社員ばかりではなく、専門的な職業の人も少なくありません。例えば、医療の現場で活躍している医師です。

医師の需要は非常に高いため、医師転職は一般企業よりもスムーズに成功するイメージがありますが、意外と苦労することもあります。

自分1人で転職先を探そうとすると時間がかかってしまうため、医師転職に特化したサイトの手助けを借りることが大切です。医師の転職活動は一般企業の場合と異なり特殊性があるため、一般的なサイトに登録しても成功につながりません。専門的なサポートを受けることで、転職が可能になるのです。

多様化しつつある医師転職

医師免許は、弁護士や公認会計士と並んでゴールドライセンスと呼ばれています。ひとたび取得すれば、安定的な職に就くことができて、高収入も約束されると言われています。そのため、医師は大学病院などの大規模な総合病院に勤務したり、ある程度経験を積んだら自ら開業して開業医として活躍したりする人がほとんどだと思います。

ところが最近は医師転職の選択肢は多数あり、研究者だけではなく、企業の経営者や事業開発の担当者などのポストが増えてきています。その背景には、医療やバイオが新興分野となっており、その手の専門知識を持つ人が渇望されているということがあります。医師のキャリアは今後、十人十色になるのではないでしょうか。

がん患者も自分らしく生きるために 患者に寄り添いたい【国境なき医師団】

がん患者も自分らしく生きるために 患者に寄り添いたい【国境なき医師団】

公開日:2019/11/12

BBTスペシャル「痛みと向き合って〜女性医師の線維筋痛症闘病記〜」

平成25年2月18日に富山テレビで放映されたBBTスペシャル「痛みと向き合って〜女性医師の線維筋痛症闘病記〜」。

公開日:2013/02/18